シロアリ

シロアリシロアリについて

お客様の大切な家をシロアリや湿気から守るため、床下調査をお勧めします。

シロアリ床下

こんな時は…?

お悩みCASE1
5月から6月上旬の蒸し暑い時期、お風呂場、台所、玄関などから羽のついたアリが大量に出た!
お悩みCASE2
床がプカプカする。窓枠や柱から土が落ちてくる!
お悩みCASE3
常に家の中が湿気ている!

生息・被害のサイン

蟻道 土から建物へ侵入する際、床下の基礎や束石、土台などに通り道を残します。
蟻土 適度な湿度を保つため、木材の継ぎ目などに土砂や排せつ物を詰めたり、盛り上げたりします。
食痕 シロアリは木材の柔らかいところを好んで食べ、硬い部分は食べ残す習性があります。
時には蟻道を作って進むためにコンクリートにも穴をあけることがあります。
建物の異常 被害が進むと、柱が下がったり床板が沈んだり扉の立て付けが悪くなったりします。
羽アリ発生 シロアリは社会生活を営んでいて、女王アリは数年間卵を産み続けます。
通常は乳白色の個体ですが、繁殖期の4~6月頃になると、羽をもつ黒色のオス・メスのカップルが多数誕生し、新しい住みかを探しに一斉に飛び立ちます。その後も今までの女王一家は残ります。 ※黒アリも羽アリとして飛ぶ時期がありますが、通常ではシロアリよりも少し遅れた時期に発生します。シロアリの羽アリは、首にオレンジ色のラインがある、羽の付き方が違うなどの特徴があります。
建築物を加害するシロアリの種類
ヤマトシロアリ 湿潤を好み、湿った木材や土中で生活しています。
イエシロアリ 加害した木材の食べかすなどを固め、壁の中や土中などに巣を形成します。
アメリカカンザイシロアリ 乾燥した木材中に坑道作って小集団で生活します。砂粒上の糞が特徴です。
ダイコクシロアリ 奄美大島以南に生息。乾燥木材を好みます。

湿気対策も重要!

シロアリの好きな湿った環境を作らないことも大切です。
当社では調湿剤、床下換気扇などの湿気対策も対応致します。
床下調査と併せてご相談ください。

シロアリの防除方法
予防処理 シロアリ被害と木材の腐朽の予防目的で新築時に行う処理。
既存建築物処理 被害を起こしているシロアリの駆除とその後の予防目的で行う。または被害は無く定期的な予防目的で行う処理。
当社のシロアリ防除処理

日本しろあり対策協会に登録された者が認定薬剤を用い、防除施工標準仕様書及び安全管理基準に基づいて処理を行います。(土壌処理・木部処理)
5年保証付きで、毎年点検にも対応いたします。
また、点検の際には床下の環境調査、不要な木片などの回収・清掃も致します。

土壌処理と木部処理 シロアリの通路となり得る土壌を、薬剤で処理することでシロアリの侵入を防止します。シロアリの餌となる木部には、木材表面に薬剤を吹き付け処理するか、木材や壁体に穿孔して薬液を注入し処理します。
ベイト工法 シロアリの駆除剤を混入した餌(ベイト剤)をシロアリに摂食させて、シロアリの集団を死滅させる工法です。当社ではセントリコンを使用します。

セントリコンTM・オールウェイズ アクティブTM

セントリコンは、薬をまかずにシロアリ防除を可能にする、環境配慮型シロアリ防除サービスです。
近年、環境や人への薬剤影響、安全性の向上を求められる中、当社では最新のシロアリ防除法を導入しました。
シロアリの習性を利用し、独自に開発された薬剤※1を活用したことで実現したベイト(食毒)工法です。

※1ダウ・アグロサイエンス社による開発

セントリコンTM・オールウェイズアクティブTMとは??

仲間にエサを分け与えるというシロアリの習性を利用した、ベイト(食毒剤)工法です。

家の周りにシロアリのエサとなる薬剤を埋め込むことで、シロアリが自らエサの薬剤を巣へ運び、仲間へ薬剤を行き渡らせ巣を根絶します。

国内外で環境配慮型のシロアリ防除として、世界遺産、著名建造物を守っています
米国 自由の女神・ホワイトハウス など
ヨーロッパ シャンゼリゼ通り・アルハンブラ宮殿 など
日本 比延山延暦寺・浅草寺 など
施工ができるのは資格を有した専門技術者です

セントリコンTM・オールウェイズアクティブTMは、専門技術者のセントリコン・テクニカルマスターが設置、管理を行います。

シロアリ駆除についてご不明な点はお気軽にお問い合わせください

シロアリカレンダー

シロアリカレンダー
ページトップに戻るボタン